小林製薬 エクオール 大塚製薬 エクエル 比較

小林製薬「エクオール」と大塚製薬「エクエル」どちらも更年期障害の症状に効果的

小林製薬「エクオール」と大塚製薬「エクエル」選び方を比較小林製薬「エクオール」と大塚製薬「エクエル」選び方を比較

 

小林製薬エクオール」と大塚製薬エクエル」は、更年期障害の症状を緩和する効果があることで人気のサプリメントです。

 

更年期障害の症状によって、どちらかを選ぶとよいのですが、いったい、どう違うのか?どっちを選べばいいのか?気になる小林製薬「エクオール」と大塚製薬「エクエル」を比較してみました。

小林製薬「命の母エクオール」サプリメントをを選ぶ場合

小林製薬「命の母エクオール」サプリメントをを選ぶ場合

 

小林製薬「エクオール」と大塚製薬「エクエル」選び方を比較

・値段が安い通常2,700円(税込)(初めて購入する人は小林製薬の公式サイトで送料込1,890円(税込))で買うことができる。

 

・定期的に購入する場合は初回1,350円(税込)2回目以降は10%OFFの2,430円(税込)で買うことができる。

 

・エクオールの含有量(2.0mg)と少ないが、過剰摂取による副作用がない

 

・1日1粒、飲めばいいので継続しやすい。

 

無添加で作られているので安心して摂取できる

 

・万が一、身体に合わない場合は全額返金してくれる。

 

 

 

はじめて更年期障害の症状に悩まされた方は、どれぐらいエクオールを摂取してよいのか分からないと思いますので、エクオールの含有量(2.0mg)と少ない小林製薬「命の母エクオール」サプリメントをオススメします。多くの女性がエクオールの含有量(2.0mg)でも体質を改善されています。値段も安いので継続して飲みやすいというのもメリットです。

 

はじめてエクオールサプリメントの飲む方は小林製薬「命の母エクオール」サプリメントをオススメです。

 

 

 

更年期障害の症状が長く重い方は、エクオールの含有量が多い大塚製薬「エクエル」がオススメです。

 

 

ちなみに、更年期障害の症状が、かなり重い状態の場合、エクオールの配合量が10mgと多い、エクオール+ラクトビオン酸がオススメです。小林製薬はエクオール配合量2mgです。

 

>>更年期障害の症状が重い場合「エクオール+ラクトビオン酸」がオススメ

大塚製薬「エクエル」サプリメントをを選ぶ場合

大塚製薬「エクエル」サプリメントをを選ぶ場合

 

小林製薬「エクオール」と大塚製薬「エクエル」選び方を比較

・乳酸菌で大豆を発酵させることによって作られている。

 

・合成、濃縮、抽出は一切せずに作られている。

 

・1日4粒を目安で飲まなければいけない。

 

・エクオールの含有量(1粒あたり2.5mgを4粒の10mg)摂取できる。

 

・1箱1ヶ月分4,320(税込)と割高

 

 

エクオールの含有量(1粒あたり2.5mgを4粒の10mg)とかなり多く摂取できるので、更年期障害の症状が長く続いていて、重い状態の方は、大塚製薬「エクエル」サプリメントがオススメです。

 

更年期障害の症状が重い方は大塚製薬「エクエル」サプリメントがオススメです。