小林製薬 命の母 エクオール 何歳 飲む

小林製薬「命の母エクオール」何歳から飲めるのか?

小林製薬エクオール何歳から飲める

小林製薬「命の母エクオール」大豆イソフラボンは、更年期障害の症状で悩んでいる女性に人気のサプリメントです。

 

エクオールサプリメントといえば、更年期障害の症状やPMS(生理前症候群)を軽減することができるという効果以外にも肌のシワやシミ対策にも効果的とされています。

 

 

さて、そんなエクオールサプリメントで人気がある小林製薬「命の母エクオール」ですが、いったい何歳から飲めるのか?気になる年齢を調べてみました。

小林製薬「命の母エクオール」サプリメントは何歳から飲むと体質改善できる?

小林製薬「命の母エクオール」サプリメントは何歳から飲めるのか?

 

40歳を過ぎてくると女性は更年期障害の症状(精神的に憂鬱になる、体が疲れやすい、体のほてりホットフラッシュ、腰痛、肩こり、大量の汗がでる)がでてきます。このような症状になってから、体質を改善させるために、小林製薬「命の母エクオール」サプリメントを飲みはじめる女性が多いようです。

 

しかし、小林製薬命の母エクオール」サプリメントは更年期障害の症状を軽減させる以外にも肌のシミ、シワ、乾燥肌といった肌トラブルといった美容対策にも効果的です。骨粗しょう症の予防や高血圧の改善にも効果があると報告されています。

 

ということで、40歳以上の女性の方以外にも、20歳から30歳の方でも安心して飲むことができます。何歳から飲めるのか?ということも理解できたかと思います。

 

 

小林製薬「命の母エクオール」サプリメントは20歳から70歳まで幅広い年齢で飲むことができ、多くの女性が体質を改善しています。

 

 

 

小林製薬「命の母エクオール」サプリメントを飲む上での注意点とは?

小林製薬「命の母エクオール」サプリメントを飲む上での注意点とは?

 

エクオールサプリメントは20歳から飲めるというのは、ご理解頂けたかと思います。しかし、エクオールを過剰に摂取すると気分が悪くなるといったこともあるので、注意が必要となります。

 

1日に摂取できるエクオール量は10mgとされています。

 

小林製薬「命の母エクオール」サプリメントは1粒あたりエクオールの量が2.0㎎です。

 

小林製薬の説明書には1日1粒(2.0mg)を飲むことを推薦しています。エクオール摂取できる量が10mgとなっていますが、さすがに1日に5粒(10mg)飲むのは他の成分も含めて過剰摂取です。

 

ということで、小林製薬の説明書には1日1粒(2.0mg)を守って飲んでいれば大丈夫です。

 

 

ちなみに、更年期障害の症状が、かなり重い状態の場合、エクオールの配合量が10mgと多い、エクオール+ラクトビオン酸がオススメです。小林製薬はエクオール配合量2mgです。

 

>>更年期障害の症状が重い場合「エクオール+ラクトビオン酸」がオススメ