小林製薬 命の母 乳癌

小林製薬「命の母エクオール」飲みすぎると乳癌になるのか?

小林製薬「命の母エクオール」飲み過ぎると乳癌になる?

 

女性にとってガンの発症が1番多いのが乳癌となっています。乳癌になる原因とされているのが女性ホルモンであるエストロゲンが過剰に分泌することです。

 

このような理由からエストロゲンと同じような働きをしているエクオールを摂取すると乳がんになる確率が上がるのではないのか?とインターネット上では話題になったことがありました。

 

小林製薬も「命の母エクオール」というエクオールを簡単に摂取できるサプリメントを販売している為、飲みすぎるとガンになったりしないの?そんな心配や不安をもっている女性のためにも調べてみました。

乳癌になる原因は、いったい何なのか?

乳癌になる原因とされているのは女性ホルモンであるエストロゲンが関係しています。

 

女性の乳管は女性ホルモンであるエストロゲンの影響を受けやすいとされています。生理中はエストロゲンを多く作られるために、乳癌のリスクが上がるということです。

 

不規則な食生活や寝不足といった生活、精神的なストレスなどもエストロゲンの分泌を増やす原因にもなりますので、注意が必要です。

 

現代の日本は、女性の社会進出も増え、女性も働くのが当たり前になってきました。そのため、精神的なストレスや不規則な生活習慣が日常的になり、乳癌の発生も増えています。

エクオールサプリメントを摂取しすぎると乳癌のリスクが上がるのか?

小林製薬「命の母エクオール」飲み過ぎると乳癌になる?

 

乳癌になるというリスクが上がる理由としてはエストロゲンが過剰に分泌されてしまうということです。ですので、エストロゲンと同じような働きをもつエクオールを摂取してしまったら乳癌になりやすいのでは?そんな不安や心配になる女性もいると思います。

 

実は、エクオールがカラダの中にあると、過剰にエストロゲンが分泌されたりしません。ですので、エクオールをサプリメントなどで飲んだからといって、乳癌のリスクが上がるわけではありません。

 

 

小林製薬「命の母エクオール」サプリメントは大豆イソフラボンによってエクオールを作っているので、エストロゲンを緩和させることができます。そのために、乳癌になるリスクを軽減してくれる効果が期待できます。

 

なぜか?インターネット上ではエクオールサプリメントを摂取すると乳癌のリスクが上がると噂になっていましたが、むしろ逆で、リスクが低下するということです。

 

ですので、エクオールサプリメントを毎日飲んだからといって乳癌リスクが上がるわけではないので、安心してください。

エクオールの効果は色々とある

エクオールは女性ホルモンと似たような働きをしています。ですので、エクオールサプリメントなどを飲むことによって、更年期障害の症状を軽減するといった効果や美容や健康に良いといった効果があります。

 

小林製薬の「命の母エクオール」についての効果なども詳しく書きましたので、ご参考ください。

 

 

>>小林製薬の「命の母エクオール」サプリメントの効果について