エクオール つくれない

エクオールとは?なぜ更年期障害の症状に効果あるか知っていますか?

 

エクオールをつくれない人の理由とは
エクオールって聞いたことありますか?最近、テレビなどでもよく聞く、馴染みのある言葉です。

 

エクオールとは?大豆の中にはイソフラボンという成分が入っています。このイソフラボンという成分は、女性ホルモン(専門用語でいうとエストロゲン)の性質にすごく似ているということから、女性特有の更年期障害といった症状を軽減したりする効果があるとされています。

 

普段から大豆製品である、納豆や豆腐、豆乳などを摂取している人であれば、脳梗塞や心筋梗塞、乳がんと言われるような怖い病気のリスクが減るという研究報告がでています。

 

エクオールをつくれる人つくれない人がいる理由とは?

体の中でエクオールをつくれる人、つくれない人という2パターンの体質があります。

 

人間の大腸の中には色々な腸内細菌が存在しています。腸内細菌の数は1種類だけではなく、10種類以上います。

 

腸内細菌の中には、大豆イソフラボンをエクオールに変えてくれるエクオール産生菌といわれている腸内細菌が存在しています。このエクオール産生菌が大腸の中で活動している人は、体内でエクオールを作りだしてくれるのです。

 

体内でエクオールをつくれる人は日本人の場合2人に1人と50%ほどです。アメリカ人やヨーロッパ人になると3割ほどです。日本人のほうがエクオールは作りやすい体質なのです。理由としては、日本人の多くが昔から納豆や豆腐など大豆で作られていたものをよく食べていたからです。

日本人でもエクオールがつくれない人が増えている理由とは?

エクオールをつくれない人の理由とは

 

昔の日本の食生活は、納豆や豆腐といった大豆を多く使った和食中心でした。そのため、年齢が上がるにつれてエクオールを作れる人が多い一方で、10代や20代といった若い人ほど、エクオールがつくれない人が増えています。

 

理由としては、食生活が欧米よりになってしまったからです。手頃な料金で牛丼チェーン店で食べれたり、ファーストフードといった外食が増え、食卓でも和食から肉中心の欧米食に変わってきました。

 

最近の調査によると高校生や大学生だと20%程度しかエクオールを体の中で作り出せないといった衝撃な結果まででています。

 

エクオールをつくれない体になってしまうと、更年期障害や老化現象、骨粗しょう症といった原因にもなります。ですので、普段の食生活でも、大豆を含んだ食品を食べることをオススメします。

 

 

大豆を含んだ食品→納豆、豆腐、豆乳、理想は毎日、食べることです。

 

大豆製品が嫌いな人にはサプリメントがある

毎日、納豆や豆腐、豆乳といった大豆製品を摂取することによって小年季障害などのリスクが軽減されます。しかし、大豆製品が苦手な人や毎日食べ続けることができない人も多いはずです。

 

そのような場合は、エクオールを簡単に摂取できるサプリメントで補うことも1つの方法です。

 

小林製薬が販売している「命の母エクオール」というサプリメントは、お手頃な価格でエクオールを補うことができます。詳しく解説していますので、ご参考ください。

 

ちなみに、更年期障害の症状が、かなり重い状態の場合、エクオールの配合量が10mgと多い、エクオール+ラクトビオン酸がオススメです。小林製薬はエクオール配合量2mgです。

 

>>更年期障害の症状が重い場合「エクオール+ラクトビオン酸」がオススメ